ウォーターピーリング 使い方

ウォーターピーリングの使い方

私の以前のウォーターピーリングの使い方を例に上げてみます。私は毛穴が詰まってとても困っていました。とくにTゾーンは毛穴づまりがひどく、中学生の頃からずっと悩んでいました。購入したのは美ルルのウォーターピーリング。お手入れ方法としてはクレンジングからスチーマーをゆっくり当てながらマッサージを行ない炭酸洗顔。最後に氷でマッサージをして終了です。この流れを週に二回程度行っていました。

 

私が知りたかったのはウォーターピーリングの使用頻度です。クレンジング系のオイルを使ってマッサージをしていましたがこれも良かったのかどうか。自分のウォーターピーリングの使い方が当たっているのか間違っているのかを知りたくてネットで調べてみました。

 

ネットで調べてみたところ自分のこれまでの方法が間違ってることに気づきました。このまま使っているととんでもないことになっていたかもしれません。そのまま使用していたら乾燥肌になり肌の状態が悪くなって毛穴がさらに詰まることになっていたかも。このことを知ることができたのでネットで調べてみて本当によかったと思います。

 

正しい使い方とは

 

ネットで調べてわかったことはそのまま続けていたら毛穴がさらに詰まってしまっていたかもしれないということ。それはなぜかというと毛穴を洗浄したり角質除去をしすぎると毛穴づまりが解消されるのはいいのですが、ターンオーバーを乱れさせてしまいます。よく勘違いするのが角質を取り除くと毛穴づまりが改善するという情報です。これはコマーシャルなどで化粧品会社がアピールした間違った情報。毛穴が詰まる本当の原因はお肌のターンオーバーが乱れることが原因でした。

 

お肌を常に最適な状態に保つことができていれば毛穴は詰まらないそうです。ウォーターピーリングで一時的に毛穴をキレイにしても根本的な解決にはなりませんので注意してください。また、私が行っていたオイルマッサージも肌荒れの原因になっていました。オイルマッサージでは肌を健康にすることはできず、逆に肌荒れを起こしてしまう可能性を高めてしまうのです。

 

オイルは肌の細胞間脂質に溶けやすいそうで、オイルは体内では異物と認識されて炎症を起こしてしまうそうです。オイルマッサージをすると角質がめくれて肌が乾燥する原因にもなるとか。クレンジングにも気をつけてください。クレンジング剤には合成界面活性剤が入っているので肌の乾燥を促進させます。合成界面活性剤は使用しないようにしましょう。