毛穴ケア 方法

ウォーターピーリング以外の意外な毛穴ケア方法

 

ウォーターピーリング以外にもさまざまな毛穴ケア方法があります。毛穴パック薬剤を使ったピーリングなど方法はさまざま。ですが今日お伝えしていくのはそれら以外の毛穴ケア方法。一般家庭に普通においてある物を使う毛穴ケア法をお伝えしていきたいと思います。

 

これからご紹介する方法はどれも身近な日用品を使っての毛穴ケア。お金をかけずに気軽に試してみることができるのでやってみて損はないと思います。まず最初にご紹介するのは砂糖を使った毛穴ケア。いつも使っている洗顔フォームに砂糖を少し混ぜるだけでスクラブ効果を発揮してくれます。

 

砂糖を混ぜる量は少量でいいのですが、洗顔フォームに砂糖を混ぜることでお肌のキメを細かく滑らかにすることができます。保湿効果もアップしてお肌をしっとりとさせる効果も。もし、家に黒砂糖があるならそのほうが効果があるかもしれません。黒砂糖のほうがより自然食品に近く、高い効果を期待することができるでしょう。

 

ベビーパウダー

家に赤ちゃんがいる場合、ベビーパウダーを置いているでしょう。ベビーパウダー使った毛穴ケア方法でも毛穴の汚れを取り除くことができます。

 

洗顔フォームにベビーパウダーを練り込むと毛穴の汚れを吸着する力が増していつもよりも汚れ落ちがよくなります。小さじ一杯か半分程度を混ぜ、よく泡立てて使ってみてください。水を足して泡立ち具合を調整するといいでしょう。

 

ベビーパウダーを使った場合の副作用的な効果としてはシミやソバカスにも効果があるとか。美白効果も期待できそうですから一度は試してみてほしい方法です。

 

重曹を使った毛穴ケア

重曹を使って毛穴ケアの効果を高めることができます。先程、砂糖やベビーパウダーを洗顔フォームに混ぜる方法をお伝えしてきましたが、重曹も同じように混ぜて使用することができる便利アイテム。古くなった角質を効率よく剥がしてくれるのでお肌がツルツルにする効果を期待できます。

 

重曹を使用するときには注意してほしいことがあります。それは必ず食用の重曹を使うこと。それと重曹を混ぜる量は少しでいいということです。重曹を使った方法では肌に対する刺激が強く、お肌を傷つけてしまう恐れもあります。少しずつ混ぜていきながら適量を見つけ出してほしいと思います。

 

 

以上、3つの方法をお伝えしてきましたが、上記はどれも少し刺激が強い毛穴ケア方法です。敏感肌の方は遠慮してほしいのですが、量を調節しながら行うことをおすすめしています。敏感肌の方は界面活性剤を使用していない洗顔フォームを上手に利用されるとよろしいかと思います。

 

ここでは意外なケア方法をお伝えしましたが、エステサロンのウォーターピーリングとの違いを知っておくことも参考になるかと思います。